魂の旅

28,August,2011

8月2日 Hotel Puri Tanah Lot

作戦会議

バイクレンタル

8月3日 Hotel Puri Tanah Lot

Onepeaceより学ぶ「俺○○になる男です」

稲妻アイディア!

~魂の旅~

これから今日体験した不思議な旅の話をします。

今日はレイキの2ndディグリーを受ける日。

「2ndを受けると人生ががらっと変わるらしいよ」って話しを聞いていたので

どんな事が待ち受けてるのか楽しみにサマトワまでバイクを走らせた。

今日は講義の前にアチューンメント。(マスターによりエネルギーの通りを強くする行為)

前回と同じように目を閉じ続けなければならない。それが俺にとってはなぜだか恐怖。

「薄目でもダメですか?」と聞いてみたところ、目を開けるとそこからエネルギーが

逃げてしまうらしく効果が激減してしまう。しょうがないので覚悟を決めた…。

(注※ ただ15分目をつぶるってだけの話しなんだけどね)

案の定、またもや閉じた瞼の奥の暗闇で不安な気持ちとの戦いになった。

グルグルと回る重たいネガティブな渦の中で、ふと、こう思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日まで地球上でやりたい事はほとんどやりつくしたな…。

宇宙の何十億年という時間の中で人の一生なんて、流れ星が光り輝くより短く儚い。

有難い事に自分の事はもう満足。ここから先は人の役に立つ事がしたい…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう思った瞬間!暗闇に光が差し込み、急に心が穏やかになった。

先生からの合図で目を開くと、なぜか目に涙が溜まり、ポタポタとこぼれ落ちていた。

別に悲しかったわけじゃない。なぜ涙が出たのかも理由もわからない…。

頭の上に穴が開いていて何か吸い込まれていく感覚がしたので、

先生に「頭触ってました?」って聞くと「触ってないですよ」と答えが返ってきた。

引き続き2度目のアチューンメントに入った。今度は暗闇への恐怖はなかった。

気付くと日本中でたくさんのおもしろい人と、おもしろい話しをしている自分がいた。

ただ人生がうまくいっているだけではなく一緒にいて気持ちのいい心ある人達。

愛とセンスがあって超個性的な人。そんな人達と本音で人生や愛を語る最高の旅。

「こんなにおもしろい事って世の中にあるんだろうか?」

穏やかさ、優しさ、調和…。肯定的な感情がすべて一つになった幸せ過ぎるほど幸せな人生。

信じられないくらい嬉しい事が起こった時にする「受け止めます」という言葉を3回唱えると

両目からこぼれ落ちた涙は2本の線になり頬を伝った。そこで2度目が終了。

目を開けて涙を拭くと深いリラックスの中で現実と想像の狭間を漂っていた。

最後の3度目の旅では、日本一周で会うべき人の名前と顔が次々と浮かんできた。

作家、アーチスト、演出家、クリエイター。様々なジャンルの人と様々なテーマでアツク語る。

無理もしない。カッコもつけない。ありのままの裸の心で自分らしく生きている。

おもしろい事が次から次へと押し寄せて、次第に思考の整理が難しくなってきた。

すると突然、言葉とイメージが消えて白い光に包まれて更に幸せな気分になった。

そしてそれは愛と光であることをなぜか確信していた。そこには言葉もない。思考もない。

俺という存在は愛と光と調和して時空を超えて何かと一体化した…。

☆☆

そこでアチューメントが終了。またもや両目からは涙がこぼれていた。

目を開けると淡い色調の部屋に流れる優しい空気が感じられ、体がグッタリとしていた。

「そっか…。そういうふうになるんだな」

今までの人生の経験の中で、何かをイメージして涙が出た時は100%叶っていた。

精神的な世界を旅する中で自分の人生を先取りで体験したんだろう。

静かにそして全く揺るぐことなく確信していた。

アチューンメントは人によって感じる事や体験する事はまるで違うらしい。

「今見ているものは過去のもの」「言葉の波動と水の結晶」そんな楽しい話しを交えながら

時空を超えたヒーリングの方法など、前回をはるかにパワーアップさせた充実の講義。

3時間40分の2ndディグリー。美しく心構えも素晴らしい最高のマスターに出会えてよかった。

俺は今回旅をした。今まで経験した事のない世界だった。

『人生は最高に楽しい旅をして、最後には愛と光の世界に戻る』

それを魂から教えてもらったのかもね。



0 Comments »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

(c) 2017 Share Happiness Blog